« 『もう一度デジャ・ヴ』 村山由佳 | トップページ | 『いま、会いにゆきます』 »

2005年11月19日 (土)

『チムニーズ館の秘密』 アガサ・クリスティー

Photo_4

アガサ・クリスティーの本だけれども、ポアロは出てこず。

ミス・マープルも出てこず。

出てくるのは、バトル刑事。

そして、推理小説というか、なんかどんでん返しのある物語的な感じだった。


ちょっとややこしいかったかも・・・。登場人物が多いと、どうもダメだなぁあ。

一番のポイントは、宝石泥棒キング・ウィースターが一体誰に化けているのか、というところ。

あの人かなー、いや、その人の怪しい・・・、とかっていって考えた。

いやぁでもまさか、刑事に化けていたとは・・・。

|

« 『もう一度デジャ・ヴ』 村山由佳 | トップページ | 『いま、会いにゆきます』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/662010

この記事へのトラックバック一覧です: 『チムニーズ館の秘密』 アガサ・クリスティー:

« 『もう一度デジャ・ヴ』 村山由佳 | トップページ | 『いま、会いにゆきます』 »