« 『ぼくは王さま』 寺村輝夫 | トップページ | 『アバウト・シュミット』 »

2005年12月19日 (月)

『いやいやえん』 中川 李枝子

かわいい話なんだけど、時々、ドキッとさせられる。

子どもの私が思っていたことを、今になって見せられて、その世界の大きさに、驚かされた感じで。


最近、色んな事が面倒くさくって、いやになっとったんよな。

でも、試しに、いやなことを全然やらんくなってしまったら、楽しいことすら楽しくないんだろうな。

そんなことを忘れて、つい、「いやだ・いやだ」って言っちゃう。

気づけてよかった。


しげるくんは、みんなが持ってる「子ども」の姿そのもの。

時には自分自身であったり、時には友達の思い出であったり、また、今を生きる子どもであったり。

Photo_9

|

« 『ぼくは王さま』 寺村輝夫 | トップページ | 『アバウト・シュミット』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/662181

この記事へのトラックバック一覧です: 『いやいやえん』 中川 李枝子:

« 『ぼくは王さま』 寺村輝夫 | トップページ | 『アバウト・シュミット』 »