« 『ターミナル』 | トップページ | 『ムーンライト・マイル』 »

2005年12月 7日 (水)

『すいかの匂い』 江國香織

Photo_6

江國さんの短編集。

「夏」がその話たちの根底にあって、でもそれは、すこし歪んだ「夏」だと思った。

暑くて、けだるくて。

それでいて、たとえば、ひっそりとした日陰に一人でいるような、そんな感覚。

嫌いじゃない。


それから、ちょっと怖いような。

でも、それを感じていたいような。

そんなの。


「子ども」が出てきたけど、世間一般にいう「子どもらしさ」を表に現さないような子たちばかりだった。

それでいて、彼女たちはやっぱり「子ども」で、

その窮屈さというか、ギャップというか、

そういうのがあって。

いや、でもきっと、子どもって別にみんな無邪気な面ばかりをもつ訳じゃないし。

大人が思う以上に、暑い夏の裏側も知っているのかもしれない。

|

« 『ターミナル』 | トップページ | 『ムーンライト・マイル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/662103

この記事へのトラックバック一覧です: 『すいかの匂い』 江國香織:

« 『ターミナル』 | トップページ | 『ムーンライト・マイル』 »