« 『蝶々の纏足』 山田詠美 | トップページ | 『いやいやえん』 中川 李枝子 »

2005年12月17日 (土)

『ぼくは王さま』 寺村輝夫

Photo_12

児童文学を読むのって、結構好きかも。

1冊目として、「ぼくは王さま」です。

児童文学って、すごい久しぶりに読んだなぁ。

すごくあっという間に読めてしまうんだけど、

「あーなんだか、子どものもつ独特の世界観ってあるよなぁ。」ってしみじみ思ったり。


出てくる王さまは、すごくわがままで、大臣たちを困らせてばかり。

でも、憎めない。

なんでだろうって思ったんだけど、たぶんそれは、「完璧じゃない」から。

世間知らずの王さまの行動は、すごく滑稽で、

でも王さまは自信たっぷりで満足してて。可愛くさえもある。

うまくいかなくても、常に前向きな王さま。

だから、こっちも「頑張れ~!王さま!」って思っちゃうんだろうなぁ。

|

« 『蝶々の纏足』 山田詠美 | トップページ | 『いやいやえん』 中川 李枝子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/662261

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくは王さま』 寺村輝夫:

« 『蝶々の纏足』 山田詠美 | トップページ | 『いやいやえん』 中川 李枝子 »