« キル・ビル Vol.1 | トップページ | 『ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』 »

2006年1月31日 (火)

『坊ちゃん』 夏目漱石

Photo_11

夏目漱石の本を、教科書以外で読んだのは初めて。

面白いもんだなぁ、と思いながら読んだ。

今の時代の人でも、全然楽しく読めるだろう。


人間関係って、難しい。

「坊ちゃん」は、負けん気が強くって、そのくせ、けっこう人に流されやすい面もあるんじゃないか?

うまく人間関係をやろうとしなくったって、なんとかなるのかもしれない。

なんて風にまで考えてしまった。


この話の中で、唯一、そういうゴタゴタから無縁の世界にいるのが「清」だ。

はじめは清をうとましく思っていた「おれ(坊ちゃん)」だが、だんだんとその存在の有難さに気づく。

清は、一途で、盲目的な部分もあるけど、憎めない。

彼女のような存在がいるからこそ、坊ちゃんは自分の好きなことを言って生きていられるんじゃないかな。


「赤シャツ」に「山嵐」。

ネーミングが面白い。

んで、その人柄も、また分かりやすくっていい。

山嵐なんて、すごく気持ちのいい性格じゃなぁ、と思いながら読んでいた。

|

« キル・ビル Vol.1 | トップページ | 『ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/662223

この記事へのトラックバック一覧です: 『坊ちゃん』 夏目漱石:

« キル・ビル Vol.1 | トップページ | 『ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』 »