« 『奇跡の海』 | トップページ | 『坊ちゃん』 夏目漱石 »

2006年1月26日 (木)

キル・ビル Vol.1

Vol1 アクション映画って、あんまり観んのじゃけど、これは面白く観た。

テンポがいい。小気味がいい。
音楽の使い方が面白いと思った。
すごく、その場面にそぐわないような感じだったり。
戦闘シーンでは、あえて効果音のみになっとったり。

アニメだって入っちゃうし。
血とか、もぉありえんくらいに飛んどるし。
あそこまでリアリティーが無いのって、逆にすごいと思う。
いや、ほんとにいい意味で。

んーでも、日本人の耳から聞くと、ちょっとおかしな日本語で、
お互いが会話してるのは変な感じだったかも。
いや、確かにお上手なんじゃけどね。
ほらだって、どっちも英語の方がうまいわけだしさ。

日本って、なんで外国人の目を通すとすごく滑稽にみえてしまうんだろう。
それが、真実なのか。
それとも大げさなのか

|

« 『奇跡の海』 | トップページ | 『坊ちゃん』 夏目漱石 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/662431

この記事へのトラックバック一覧です: キル・ビル Vol.1:

« 『奇跡の海』 | トップページ | 『坊ちゃん』 夏目漱石 »