« 『パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス』 | トップページ | 『熱球』 重松清 »

2006年2月10日 (金)

『学校』

学校 DVD 学校

販売元:松竹
発売日:2005/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

山田洋次監督の『学校』。

私は、何の疑問もなく学校に通ってきた人間だから。そして今も、当たり前のように大学に通っている。

大学に入るまで、そんな自分に疑問すらもってなかった。それが「当たり前」で、それ以外の生き方を自分に許していなかったんよな。思いつきもしなかったのかもしれないし。思わないようにしてたのかもしれない。

大学に入ってから、色んな出会いがあって、そんな考えも少し変わってきたけど。

とにかく、この映画の中の人たちはそんな私よりもはるかに色んな経験をしてきていて。「自分はバカだから・・・。」っていう言葉をよく言っていたけど、私には、何も考えずに生きてきた私の方こそバカだと思えた。そして、あの夜間中学に通う人たちの姿に、「学び」の本当の姿が見えた。

「学校」って、何だろう。

生徒と教師が本気で「学び合いたい」っていう気持ちをもっていることが教育の根本にあるべきなんだろうな。イノさんの姿は、一般的な基準からすると「かわいそう」な人なんだろう。でも、彼は同時に最後はやっぱり「幸福」になって亡くなったのだと思いたい。人生に疲れ果てながらも、イノさんが求めた「学び」が、今の子どもたちにあたえられているのかな。

『学校』(1993年)

|

« 『パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス』 | トップページ | 『熱球』 重松清 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/661796

この記事へのトラックバック一覧です: 『学校』:

« 『パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス』 | トップページ | 『熱球』 重松清 »