« 『ワンピース 呪われた聖剣 』 | トップページ | 『ポアロのクリスマス』 アガサ・クリスティー »

2006年2月18日 (土)

『こころの処方箋』 河合隼雄

一つ一つが短い章で出来ていて、だからこそ、こころにシュンッと届く感じだった。

この人、すごい人じゃわぁ。ほんまに。

例えば、「強い者だけが感謝することができる」という言葉。

この言葉好きだなぁ、と思った。

「ありがとう」というのと、「ごめんなさい」というのって、実は申し訳ないと思って謝っちゃうほうが楽なんよなぁ。

感謝するっていうことは、自分が下に出るような感じがするから。本当はそんなことはないんじゃけどね。

あと、自分が「不幸だ」と思っている人は、助けの手が来ても、それを当然だと思ってしまうこともある。

そうなると、感謝の気持ちは生まれないよな。

自分が一番不幸のように思っていても、実はそれほどでもない場合だって多いのに。

感謝の気持ちを持てることは幸せだよなぁ、と感じた。

迷って、どうしようもなくなったら、この本を読もう。

もちろん、書いてあること全てが自分にとって「正しい」わけではないけど、

苦しくなってしまった気持ちを、「大丈夫だよ」って元気づけてくれる本だから。

こころの処方箋 Book こころの処方箋

著者:河合 隼雄
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『ワンピース 呪われた聖剣 』 | トップページ | 『ポアロのクリスマス』 アガサ・クリスティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/745992

この記事へのトラックバック一覧です: 『こころの処方箋』 河合隼雄:

« 『ワンピース 呪われた聖剣 』 | トップページ | 『ポアロのクリスマス』 アガサ・クリスティー »