« 『モナリザ・スマイル』 | トップページ | 『星になった少年』 »

2006年6月15日 (木)

『北の零年』

オープニングの、春の庭。

すごい、すごい、綺麗でした。ほんまに、夢の中のようで・・・。

映画全体を通じて、景色描写はすごく美しいと思った。

でも、ストーリーは、長いのは長いんだけど、イマイチ何が言いたかったのか分からなかった。

まぁ、開拓者たちの苦労の話ってことは分かったんだけど・・・。

だって、いなくなったお父さんをずぅうっと待っていたのに、結局逢えた時には全然立場が違っとって、そんだらばいっそのこと、悪人にでもなってたら良かったのに、旅立つ時に持っていた鈴とか持ってるし。それで、しのさん(吉永小百合)のことを一途におもい続けてきたのかと思いきや、結局は「馬をくれ!」と言うし。ってゆーか、信じてまってたのに、やっぱり浮気をしていたわけだしねぇ・・・。

柳葉哲郎さんとか、豊川悦司さんとか、その辺の役回りってもっと上手く使えたんじゃないの?とさえ思っちゃった。や、個人的にもっと柳葉さんの見所が欲しかっただけなんかもしれんけど・・・。

あと、すんごい苦労続きよなぁ。人は亡くなるし、夫は還って来ないし、雪山で遭難するし、やっと農作物も出来そうになってきたと思ったら、イナゴ・・・。それで最後には、「信じて強く生きていればいいことが・・・」みたいな終わり方。まぁ、役人に連れて行かれそうになって逃げ出した馬さんたちは戻ってきたけど、「いいこと」ってそれくらいやったでしょお?いやぁ、ちよっと不幸すぎんかい?

っていうか、吉永小百合が、あの年齢であの役っていうのは、なんだかなぁ・・・という感じだったかも。きれいな人なんだけどね。ちょいと設定が若すぎたのでは・・・?

北の零年 通常版 DVD 北の零年 通常版

販売元:東映
発売日:2005/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『モナリザ・スマイル』 | トップページ | 『星になった少年』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/2222830

この記事へのトラックバック一覧です: 『北の零年』:

» NO.056「北の零年」(日本/行定勲監督) [サーカスな日々]
日本 [続きを読む]

受信: 2006年6月29日 (木) 15時45分

» 北の零年 [なまら★どさんこ]
北の零年『北の零年』(きたのぜろねん)は、2005年の日本映画。明治初期に起こった庚午事変に絡む処分により、明治政府により徳島藩・淡路島から北海道新ひだか町|静内へ移住を命じられた稲田氏|稲田家の人々の物語である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quot...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 2日 (水) 21時42分

« 『モナリザ・スマイル』 | トップページ | 『星になった少年』 »