« 『グッバイ、レーニン!』 | トップページ | 『絵本を抱えて 部屋のすみへ』江國 香織   »

2006年7月18日 (火)

『いじめの時間』 江国 香織 他

いじめをテーマにした短編集。

始めの方の話は、読んでて正直、ヘコんだ。もう、なんか、救いがなくって・・・。

お話の最後には何かまぁ、「なんとかなる」とでも言えばいいのかなぁ、その、納得のいく結末がまっているのかなぁと思って読むわけなんだけど、それがないの。

いじめが終わるでもなく、良い状況になるわけでもなく。ただあるのは、残酷な現実だけで。

でもきっと、それが「現実」なんだろう。何にでも救いを求めるのは、甘いのかもしれません。

それから、「いじめ」というと、やっぱり学校がからんでくる。閉鎖された空間。四角い箱。

そんな中で、特に、校庭の描かれ方が特徴的だったと思う。

角田光代さんの『空のクロール』でも、野中柊さんの『ドロップ!』(←このお話は、途中から主人公が物理的にバラバラになってものを感じるという、ぶっ飛んだ世界にいっちゃってて、びっくりした)でも、校庭は、学校の中にあって、光を受けている唯一の場所だった。外の世界に直接通じているからなのかもしれないなぁ。

学校という場で、いじめがなくならないのは、人間の本能が、人よりも上の立場にいたい、って思っているからなのかもしれない。私にもそういう部分を感じる時もあって、たまらなく自分が嫌になるけど、そんな気持ちが歪んで出てきた形が「いじめ」なのだろう。

なーんて、そんな風にいえるほど、私は出来た人間じゃないけどねぇ。

いじめの時間 Book いじめの時間

著者:江国 香織,角田 光代,稲葉 真弓,野中 柊,湯本 香樹実,大岡 玲,柳 美里
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『グッバイ、レーニン!』 | トップページ | 『絵本を抱えて 部屋のすみへ』江國 香織   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/2698372

この記事へのトラックバック一覧です: 『いじめの時間』 江国 香織 他:

« 『グッバイ、レーニン!』 | トップページ | 『絵本を抱えて 部屋のすみへ』江國 香織   »