« 『g@me』 | トップページ | 『六番目の小夜子』 恩田陸 »

2006年7月 2日 (日)

『真夜中の弥次さん喜多さん 』

まー、こんなもんかぁ。という感じ。

あ、でも、嫌いじゃないかも。

色が鮮やかな映画って、私は好きだしなぁ。何か壊れてる映画も。

それにしても、「東海道中膝栗毛(←字、あってるかなぁ?)」がこんなことになるなんて・・・。よくもまぁここまで壊したなぁ、と思う。

お笑い芸人さんもいっぱい出ていたしねぇ。

「笑」だとか、「喜」だとか、そんな中に「リアル」を求めて、全然リアルじゃない旅をして、最後にはお互いの存在だけがリアルだーとか言って。なんのこっちゃ。。。まぁ、そのむちゃくちゃさが、逆にうそ臭くないというかなんというか・・・。

真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション DVD 真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『g@me』 | トップページ | 『六番目の小夜子』 恩田陸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/2462388

この記事へのトラックバック一覧です: 『真夜中の弥次さん喜多さん 』:

» 今も愛されるコメディ 『東海道中膝栗毛』 [本の館 ~ 一度は読んでおきたい本 ~]
『東海道中膝栗毛 上(岩波文庫)』(十返舎 一九) 『東海道中膝栗毛 下(岩波文庫)』(十返舎 一九) 社会科の授業で出てきますよね。 この本は、江戸時代後期の滑稽本作家、十返舎一九の代表作。 滑稽本です。いわゆるコメディです。(まぁ、滑稽本作家ですからね..... [続きを読む]

受信: 2006年7月 7日 (金) 20時55分

« 『g@me』 | トップページ | 『六番目の小夜子』 恩田陸 »