« 『六番目の小夜子』 恩田陸 | トップページ | 『この胸いっぱいの愛を』 »

2006年7月 3日 (月)

『見張り塔からずっと』重松清

なんか少し悲しい、3組の夫婦のお話たちでした。

あとがきを読むと、重松さんが常に「見張り塔」からものを見ている視点でものを書いている、という話がありました。どういうことかっていうと、「見張り塔」にいる人は、何もない様子をみるために存在していて、何もなければ平和なんだけど、その人がその日一日そこにいた意味もなかったということで・・・。で、もし、何かを見たならば、町の人の平和をくずすことになるんよな。その上、「見張り塔」にいる人は、「異常がある!」と叫ぶことしかできない。

なんてことだ、と思いました。なんか、測り知れない悲しさみたいなのがそこにはあるんだろうなぁって。

そういう、“どうしようもないこと”って、でもきっと、現実にも多いんだろうな。

もう、あがきようもないこと。抵抗すらできなくなってしまう。

「扉を開けて」が印象的でした。最後のシーン、屋上から落ちてきたのは、一体何だったんだろう・・・。

見張り塔からずっと Book 見張り塔からずっと

著者:重松 清
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『六番目の小夜子』 恩田陸 | トップページ | 『この胸いっぱいの愛を』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/2475609

この記事へのトラックバック一覧です: 『見張り塔からずっと』重松清:

« 『六番目の小夜子』 恩田陸 | トップページ | 『この胸いっぱいの愛を』 »