« 『光の帝国 常野物語』 恩田陸 | トップページ | 『ALWAYS 三丁目の夕日』 »

2006年8月18日 (金)

『月の裏側』 恩田陸

帰省から戻って、やっとネットが使えるので、さっそくたまった分を書いています。

またまた、恩田陸さんの作品。今度は短編集じゃなくって、長編のお話。

人間が消えて、数日したら何ともない顔で戻ってくる・・・そんな事件。

主人公の多聞たちはその現象を「盗まれる」と言った。そして、町中の人が「盗まれて」しまう。。

「盗まれた」人の人形が発見され、戻ってくる人はその人形が何食わぬ顔で戻ってくるのだということに気付いたときはびっくりだった。怖いなぁ・・・。

でも、「盗まれて」しまっても、戻ってくればその人たちはまったくその事実に気付かない。

それって、もっともっと怖い・・・。

もしかしたら、私も「盗まれて」しまっているのかも、なんていう思いを、読んだ人はみんな思ったんだろうな。

例えばそうだとして、でも、どうしようもない、というところに圧倒的な力を感じる。

「盗む」者は、水に関係しているもののようだし。力を持つ水っていったら、やっぱり海を想像するよなぁ。

いや、いっそ、「盗まれて」しまっていた方が楽なのかな?

なんて。。

月の裏側 Book 月の裏側

著者:恩田 陸
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『光の帝国 常野物語』 恩田陸 | トップページ | 『ALWAYS 三丁目の夕日』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/3109664

この記事へのトラックバック一覧です: 『月の裏側』 恩田陸:

« 『光の帝国 常野物語』 恩田陸 | トップページ | 『ALWAYS 三丁目の夕日』 »