« 『12人の優しい日本人』 | トップページ | 『月の裏側』 恩田陸 »

2006年8月18日 (金)

『光の帝国 常野物語』 恩田陸

恩田陸さんの作品です。

やっぱり、すごく不思議な世界を作り出す人だなぁって思った。

現実に良く似た状況で起こる、現実にはありえない話。ちょっと怖い気もする話。でも、底の方には暖かいものがちゃあんと在る感じがする話。

短編集なんだけど、やっぱり本の題にもなっている、「光の帝国」とその後編的な「国道を降りて・・・」の話が良かったなぁ。

「光の帝国」は、子どもたちと一緒に常野の地で暮らすツル先生や他の優しい大人たちをほほえましく見ていただけに、そのささやかな暮らしが滅びていってしまう様子は本当につらかった・・・。だからこそ、「国道を降りて・・・」でミサキという少女が常野に戻ってきた時のツル先生の感慨が推し量れた。

恩田陸さんの作品、もうちょっと読んでみよう。

光の帝国―常野物語 Book 光の帝国―常野物語

著者:恩田 陸
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『12人の優しい日本人』 | トップページ | 『月の裏側』 恩田陸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/3109581

この記事へのトラックバック一覧です: 『光の帝国 常野物語』 恩田陸:

« 『12人の優しい日本人』 | トップページ | 『月の裏側』 恩田陸 »