« 『球形の季節』 恩田陸 | トップページ | 『リリィ・シュシュのすべて』 »

2006年12月 2日 (土)

『ブレイブ・ストーリー』

RPGみたいだ、というのが第一印象。

宮部みゆきさんの原作は読んだことがありません。

ので、物語の途中が大幅にカットしてるのは(Aqua Timezの曲に載せて、場面場面だけが切取られている感じ)、すごく残念だった。まぁ、時間の関係でそうせざるを得ないんだろうけど・・・。それとも、「興味を持ったら原作をよんでね☆」ってことなのか??確かに、読みたくはなったので、それだと成功だなぁ。。

物語が大幅にカットしてあるので、主人公のワタル(声:松たかこ)がいつの間にか強くなっていたり、キ・キーマたちとの関係性が深く語られないまま最後を迎えたりと、ちょっと物足りない感じもしたかな。

ミツル(声:ウエンツ瑛士←ウエンツ君の声と知らずに見ていたんだけど、なかなかかっこよかったです。もちろん、松たかこさんの声は抜群にハマっていたし!)の最期は、あれでよかったのかなぁ。。家族を取り戻すために、ヴィジョンに入ったワタルとミツル。大切にしないといけないものって、一体何なんだろう、と考えさせられます。現実と向き合うことから逃げ出したい時は、多分誰にでもあるから。でもそんな時に、その現実が変わることを、何もせずに待っているだけじゃあだめなんだろうな。足掻いてみることも、きっと時には必要なのだろう。

たとえ、現実が変わりそうにない時でも、足掻いた自分は、足掻かなかった自分より、ちょっとは好きになれるはずだと思うから。

なんせ、なんだかんだいっても、「現実」で生きるしかないんだからなぁ。

ブレイブ ストーリー DVD ブレイブ ストーリー

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『球形の季節』 恩田陸 | トップページ | 『リリィ・シュシュのすべて』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/4392471

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブレイブ・ストーリー』:

« 『球形の季節』 恩田陸 | トップページ | 『リリィ・シュシュのすべて』 »