« 『ブレイブ・ストーリー』 | トップページ | 『ナビィの恋』 »

2006年12月 2日 (土)

『リリィ・シュシュのすべて』

これもまた、本は読んでいませぬ。映画から。っていうか、映画だけ観て、これはどんな書き方をされた本なんだろう・・・と思った。

主人公が語るのはあくまでネット上の“フィリア”というハンドルネームを通してのみ。それがきっと、彼の「リアル」の表れなのだろう。ネット上ではリリィのファン(信仰者といってもいいくらい)として、雄弁に語っているけど、現実ではほとんど喋ることもなく、ただ、全ての悲しみや辛さなんかから逃げるでもなく、受け取るでもなく、その傍にいる感じだった。

登場人物たちが、時がたつにつれてどんどんと傷ついていって、表情をなくしていった中で、蒼井優さん演じる少女だけは、笑っていた。彼女だけは、どんなに自分で自分を汚そうとも、純粋に笑っていたのが、印象的だった。だからこそ、彼女は自殺という形でしか自分を救えなかったのかもしれない。

それまで星野(忍成修吾)に従っていた主人公・雄一(市原隼人)が、リリィのコンサートのチケットを捨てられてしまった時に始めて反抗(それも、“刺す”という形で・・・)したという事実が、なんだか衝撃的だった。

この話は、中学生たちの話だから、登場人物を“子どもたち”と呼ぶことができそうなものなんだけど、田舎でそだった私には、あんな中学生とか信じられん感じではあったけど。っていうか、今の私より、成熟しとるんちゃうか・・・?

リリィ・シュシュの名前でCDも出したみたいで。未だにレビューがついていることには驚いた。当時のことは覚えてないけど、結構話題になったのかなぁ?小林武史さんは結構好きなので、リリィ・シュシュの音楽の世界は、私は結構好きかもしれない。

|

« 『ブレイブ・ストーリー』 | トップページ | 『ナビィの恋』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46664/4396100

この記事へのトラックバック一覧です: 『リリィ・シュシュのすべて』:

» あおいゆうちゃん可愛い~ [独り言日記]
蒼井優ちゃんおめでとう!出演した「フラガール」という映画での演技で「新人賞」を受賞。お見事です。蒼井優ちゃんの演技、一際目立っていましたよね。目立っていたというか存在感がありました。若干21歳の蒼井優ちゃん。それでももう...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 15時58分

» Online pharmacy buy cialis. [Buy cialis.]
Buy cialis. [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 08時22分

» Buy hydrocodone online consultation. [Buy hydrocodone online.]
Buy hydrocodone with no rx. Buy hydrocodone 10s. Buy hydrocodone online consultation. Buy hydrocodone online. Buy hydrocodone without a prescription. Buy hydrocodone. [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 01時05分

» Hydrocodone. [Hydrocodone.]
Hydrocodone. Norco hydrocodone. Hydrocodone 1923. Hydrocodone and online and prescriptions. Buy hydrocodone without a prescription. Taking low dose of hydrocodone while pregnant. [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 18時05分

» Vicodin. [Darvocet vs vicodin.]
Where to order vicodin with no prescription. Vicodin online. Vicodin. Vicodin withdrawl. Information about vicodin. Vicodin without prescription. Overseas vicodin. Vicodin consultation. Vicodin no rx. [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 01時41分

« 『ブレイブ・ストーリー』 | トップページ | 『ナビィの恋』 »