« 2006年12月 | トップページ

2007年1月13日 (土)

『国家の品格』 藤原正彦

読みました、2006年の話題書。お正月に実家に帰ったら、あったので。

んー、でも、眉唾モノだわなぁ。やったら、日本を賛美しているし。

まー、確かに、ブシドーっていうと聞こえがいいし、情緒と形を全ての人が重んじるようになれば、いい世の中になるんだろうなぁ、っていうことは分かる。でも、今の世の中の人にそれを言ったところで、なにも変わらないんじゃないかと私は思った。悲観的すぎるのかな・・・?でも、あまりにも、「昔はよかった」っていう例の、懐古主義的な感じがしたもので・・・。

アメリカについていくだけじゃあだめなんだろうな、ってことくらい、私だって分かるけど、だからといって日本の「愛国心」をあおって、「国家の品格」を取り戻せっていわれてもねぇ・・・。そうそう、「愛国心」を、あの悪いイメージのやつじゃなくって、国の文化を愛するっていう意味に捉える、っていうとこは、すごく良い考えだと思ったわぁ。日本国内でもいえるんじゃない?都会の文化が地方に蔓延してるけど、地方独特の文化、私は好きだなぁ。

日本の多くの人が、この本をどのように捉えたのか、私は知りません。たくさんの人がこの本を読んで、それぞれに何を思ったのか、知りたいと思った。ネットとかで調べれば、いっぱい出てくるような気もするけど。

国家の品格 Book 国家の品格

著者:藤原 正彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2007年1月11日 (木)

『ニライカナイからの手紙』

お正月、実家に帰っていたので、まったくこのブログに書き込めず。

色々観たり読んだりしているので、随時書いてゆかねばねぇ。

でも今日は、今観た映画の感想から。

沖縄、竹富島。

静かで、ゆっくりで、おだやかで、綺麗で、暖かくって。

なんか、そんな感覚が伝わってきた。あぁ、やっぱり沖縄に行きたい。

主役の風希ちゃんは、蒼井優ちゃんが演じています。

沖縄の光の中で、やっぱり、きれいな女優さんだなぁ、とため息。

変に飾らない、彼女の良さがよく出ていました。

ストーリーは、ゆっくりと、でも確実にすすんでゆきます。

毎年誕生日に届く、“おっかぁ”からの手紙。でも、一向に帰ってくる気配は無い。

このシチュエーションだと、お母さんがもう、亡くなってしまっとるんかもしれん、っていうのは、結構予想できたかも。でも、その予想どうりの結果が分かる瞬間には、やっぱり、ボロボロ泣いてしまった。全てが優しくて、でも、だから、余計に辛くって。誰が悪いわけでもないのに悲しむ人がいるっていうことは、本当に言いようも無く哀しいことだと思う。

「おっかぁ、死んどった」と、仏壇の前で風希が泣き崩れるシーンの、その、光が、本当に綺麗で、印象的だった。その後の、手紙を読み返すシーンはちょっと“泣かせよう”ってしている感じがして、逆に気持ちが冷めてしまったのだけど。

下手にBGMを入れて盛り上げるより、静かな中での描写の方が、人間の気持ちがより際立つんじゃないかな。

お母さんと娘の話かと思いきや、途中からオジイと孫(風希)の話であることに気付いた。オジイはあくまで寡黙な人で、それは、哀しい嘘をつき続けることのできる人物にふさわしいことだと思った。にんにくのお漬物、美味しそうだったなぁ。。

沖縄を舞台にした映画は、どれもゆっくりしていて、気持ちが良くなる。沖縄の音楽も、風景も、人々も、光も、どれもが「ちゃんと生きないとだめさー。」と言ってくれているみたい。

ニライカナイからの手紙 DVD ニライカナイからの手紙

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/01/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年12月 | トップページ