2006年3月16日 (木)

『 ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 』

ワンピースっぽくない~~~。。。

なんか、現代日本アニメ映画を目指したような絵で、動きとか、ノリとかも、そんな感じ。

そのノリ自体は嫌いじゃないけど、「ワンピース」の映画でそれが出てくると、なんだか違うんじゃない、って思ってしまった。

ほら、ワンピースって、もっと直球でいいんじゃないかなぁ、って感じで。

絵も、何だかいつもと違う~。う~む・・・。

途中から、絵がめっちゃ怖くなる・・・。

子ども、映画館で泣いたんちゃうか(恐怖で)?ってくらいに、私にとっては怖かった。

ほら、1回死んだ敵さんが、どくろみたいになって喋ってる辺とか、ルフィの背中にめっちゃ矢がささっとる辺とか。まじめに怖かった。

嫌よー。そんなの、違う~。。。

「オマツリ島」で、「試練」が「金魚すくい」とか、「輪投げ」だって辺りは、面白い設定だったんだけどなぁ・・・。

そんなんで、なんだか「ワンピース」らしからぬ感じでした。

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 DVD ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

販売元:東映
発売日:2005/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

『ワンピース 呪われた聖剣 』

ゾロの幼なじみ、こんなところ(映画)で出していいのか!??

まぁでも、筋としては面白かった!!

結構、RPGのゲームみたいな構成だったんじゃないかなぁと思う。

それから、赤い月からの結界を張るところとか、それが破られて島までどんどん壊れていくところとかは、かなり壮大な感じだったなぁ。

マヤのおばあちゃんにはびっくりしたし。あの腰の伸びが・・・すごっっ。。

ウソップがいいとこなしだったような気もするなぁ。穴で迷っとった時もルフィに助けられてばっかりだったし。なんとなく、それって違うんじゃないかなぁ、なんて思いながら。

まぁ、あれだけの時間で全部の主要メンバーに山場を作るのは難しいんだろうな。

今回はゾロの話だったわけだしね~。

ワンピース 呪われた聖剣 ワンピース 呪われた聖剣

販売元:東映
発売日:2004/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

『パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス』

Photo_17 とにかく、ポジティブシンキングな女の子とパンダさんたちのお話。
で、すごい可愛い!!
パンダのまるっこくてふわふわした感じとか、
ミミちゃんのあのピンとはねたおさげとか。

嬉しすぎると思わず逆立ちをしちゃうっていうのは、
なんか、あふれんばかりの嬉しい・楽しい気持ちを表すにはぴったりだなぁ。
それから、ミミちゃんも、パンダさんたちも、絶対に
あきらめたりとか、深く落ち込んだりとかせんのよなぁ。
大洪水になって家が半分浸かっちゃっても、それを楽しんじゃう。
そういう気持ちってなんか素敵だなぁと思ったのでした。

DVDになったのは2001年みたいだけど、製作されたのは1972年!
そんなに前に作られたものなのに、今でも十分「見れる」作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月31日 (火)

『ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』

_the_movie_ 「デッドエンド」のレースに至るまでの経緯が、ちょっと強引だったのでは??
という感じはやっぱりあるなぁ。
ほら、酒場で聞いた話から無理矢理・・・とか、
ロビンがたまたま詳しかったりとか。
まぁ、そこは仕方ない・・・のか?

レースの始まりの、船がいっぱい河を登っていくあたりは、
やっぱりワクワクするなぁ~。

でも、けっこう、ん???と思う場面は多かったかも。
チョッパーの鼻を頼りにしただけでたどり着いちゃったりとか、
アメって、雨で固まらないの?とか。
まぁ、全体としては、ワンピースらしい感じではあったかな。
でもさぁ、ルフィが「暇つぶしに。」って言っちゃぁ嫌だったなぁ・・・。

バンプの音楽がすごくよく合っていて、それはもぉ最高!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

『ワンピース 珍獣島のチョッパー王国』

Photo_14アニメを見るのもまた、好き。

ワンピースは、なんか、思い切りがいいというか。なんというか。
元気になれた。
チョッパー、もぉ~、可愛いし。

こういうアニメって、気軽にみれるけん、ええなぁ。
先の展開はけっこう読めてしまうけど。
結構クサイし。
でも、そこがええんじゃわ、やっぱり。

ああいう風に、自分の信念に正直に生きることって、すごいかっこいい。
一つの思いを信じて、まっすぐ。
そういう風に生きられるのって、強い、なぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)